バランスの良い肌生活を 肌トラブル解決にプチすっぴんケア

肌トラブルの多くは過剰にケアすることで肌が自力で回復するのを妨げていることが原因です。そういわれると心当たりがあります。化粧水や乳液で十分うるおっているのに、さらにいろんなクリームを惰性で塗っていました。すると翌朝てきめんに吹き出物ができてしまうのです。

悩んだすえ思い切って化粧水すらつけないすっぴん生活を始めてみました。洗顔のため使用する石けんは、無添加の「シャボン玉せっけん」を選びました。お値段も使い心地もやさしく今も継続して使っています。ネットでしっかり泡立て、手のひらが直接触れないよう、泡で顔を包むようにして汚れを落とします。すると不思議なほど突っ張りません。
マルガレッタオールインワンゲル 効果

何もつけない状態だと最初は何だか心もとなくて不安でしたが、吹き出物はウソのように治まりました。明らかに肌にかけた負荷がトラブルの原因だったのです。この方向で間違いないと確信し、ファンデーションもせっけんだけで落ちる無添加のものに変えました。私の場合「ヴァントルテ ミネラルシルクパウダーファンデーション」がいちばんつけ心地が軽く、見た目も薄付きで好みに合っていました。

1ヶ月ほど厳格なすっぴん生活を続けましたが、冬になるとさすがに唇や頬が乾燥してきます。とうとう妥協して化粧水と乳液を解禁しました。つけたとたん肌にしみ込んでいく感覚があり、これを必要としていたんだなとまさに肌で感じました。

今ではその時の肌の調子によって、化粧水をつけたり乳液をつけたり、何もつけなかったりの「プチすっぴんケア」に落ち着いています。何事も中庸が肝心とお釈迦様の教えにもあります。肌の自立性にまかせ、極端に決め付けないバランス感覚が良い結果を招くのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です