hanaオーガニックムーンナイトミルクの成分

hanaオーガニックムーンナイトミルクの成分は以下の通りです。
箱からの転載になりますので、参考にしてくださいね♪

見てもらえばわかると思いますが、さすがオーガニック化粧品だけあります!

皮脂と近いバランスにこだわって作られているそうで、ローズの濃縮液とたくさんの精油が使われてます。

普通化粧品には、パラベンや安定剤、香料などの化学成分が入ってるのですが、hanaオーガニックには一切使用されてませんね。

成分には使用量の多いものから表示させるという決まりがあるので、ダマスクバラ花水が1番に表示されてるということは、ほとんどがそれでできてるということ。

だからあんなにローズの自然な香りがするんだと納得ですね!

オーガニック化粧品にはちゃんとした国際的な基準があって、hanaオーガニックの製品は全てフランスの国際オーガニック基準に基づいて製造されてるそうです。

日本にはそういうオーガニックの基準が曖昧で、無添加化粧品や自然派化粧品と同じようなものと思いがちですが、全く違うそうで、無添加化粧品でも化学成分は入ってるそうです。

基準さえ守っていれば、化学成分が入っていても無添加や自然派を名乗れるということだそうで、意外とそんなこと知らずに、なんだかイメージだけでいいのかなぁ~なんて思ってました。

オーガニックは一番自然でお肌にも負担のない成分で作られてるってことですね。
試してみても後悔はないと思いますよ♪

ムーンナイトミルクを使ったマッサージ

hanaオーガニックのムーンナイトミルクを購入すると、冊子がついてくるのですが、
その中にムーンナイトミルクを使ったマッサージが紹介されていました。

顔につけるだけでなく、つけた後に手のひらに残っているムーンナイトミルクでやっても出来るマッサージですので、試してみて損はありませんよね♪

このマッサージで女性ホルモンを高めることが可能とのことですから、全ての女性におすすめしたいです!

ムーンナイトミルクを手全体になじませて、爪の根本をぎゅ~っと10秒ほど刺激します。
たったこれだけで、女性ホルモンが高まるならやって損はないでしょう?!

なんでも、爪の生え際には末梢神経が集まっているために、そこを刺激することで視床下部を活性することができるそうです。
ムーンナイトミルクのローズの香りを嗅ぎながら行うことで更に効果がアップするというわけです。

肌のお手入れと一緒に習慣化させていつまでも女性としての美しさを保ちたいものです♪